企画展のご案内
 

葛飾北斎 祭

-生誕260年記念企画-

 
再開後展示期間:2020年6月3日(水)~2021年2月28日(日)

 

大阪浮世絵美術館では、2020年の葛飾北斎生誕260年を記念し、この節目の年に世界に影響を与えた北斎の偉業を称える形で、企画展「葛飾北斎祭」を開催いたします。

本特別展では、北斎が70歳を過ぎてから描いた代表作である「冨嶽三十六景」を中心とした35点の北斎の作品を展示しております。「冨嶽三十六景」のうち三大冨士と呼ばれる「神奈川沖浪裏」「山下白雨」「凱風快晴」や、北斎が絵手本として発行した「北斎漫画」など有名な作品が一度にご覧いただけ、とても見ごたえのある展示となっております。
また北斎の作品以外にも、歌川貞秀の9枚に渡る大作「大坂名所一覧」や、歌川広重の関西ゆかりの作品など、計65点の浮世絵版画を間近でじっくりご覧いただけます。

4月6日より臨時休館しておりましたが、6月3日から展示期間を延長し再開する運びとなりました。再開に合わせて、一部展示替えをし、未公開だった葛飾北斎の作品3点を追加展示致します。パワーアップして帰ってきた「葛飾北斎祭」展へのご来場お待ちしております。
 
 
★現在企画展に関するイベントを開催中です。詳しくはリンク先をご覧ください。
【夏企画】クイズ!浮世絵版画でみる 江戸時代の働くおじさんをを探せ!